院内・設備紹介
Facility

デジタルレントゲン装置

患者さんのお身体への負担を少しでも減らすために、デジタルレントゲンを採用しています。従来のレントゲン装置より被曝量が少なく、画像が鮮明で、歯や周囲の骨の状態が良くわかります。
デジタルなのでフィルムを現像に出す必要がなく、モニターですぐに確認できるため、これまでよりスピーディーに診断を行うことができます。

CT装置

従来のレントゲンは平面的でしたが、歯科用CTは3Dで立体的にお口の中を撮影できるため、歯や周囲の骨だけではなく、上下の顎の骨の内部や顔面の状態が詳細にわかります。このため、正確な診査・診断を行うことができます。
親知らずなどの抜歯や、歯の根の治療、インプラントなどの精密な検査・処置が求められる治療には欠かせない機械です。

CO2レーザー治療器

レーザー治療器は、人工的に作り出した光のエネルギーを応用したものです。薬剤と違って副作用がなく細菌をしっかり除去することができるので、むし歯や歯の根の治療の際に使用します。
また、化膿している病巣や、歯周炎、口内炎などの炎症を治し、手術中の痛みや腫れを少なくして、術後の傷の治りを早めます。

滅菌器

当院では「オートクレーブ」とよばれる高圧蒸気滅菌器を使用しています。この滅菌器は、130度以上の高温の蒸気によって器具についたウイルスや細菌を死滅させます。
院内感染対策のため、患者さんごと、使用ごとにお取り換えしながら、清潔で安全な環境を徹底していますのでご安心ください。

フリーアーム吸引装置

天井から伸びたアームにより、歯の粉・唾液・血液など、治療中に飛び散った粉塵を素早く吸引します。診療室内の空気を綺麗にしながら、患者さんの健康を守ります。

オゾン水生成器

当院では治療や器具の洗浄などに『オゾン水』を使用しています。オゾン水には洗浄・除菌効果があるので、口臭の解消や細菌感染による歯周病の予防や進行を抑える効果があります。また、院内感染も防止することができます。

▲ページトップ